MOROCCO DAY4 (FES)

起床。朝食を求めてスークへ。
でもあまりいいお店がなく(数店のカフェしか空いておらず全て男性が陣取っている)
朝から働き者のロバさん。いっぱいいます。

DSC_0213 のコピー copy

DSC_0279 のコピー copy

DSC_0208 のコピー copy copy

なかなか生々しい朝です。

DSC_0220 のコピー copy

DSC_0245 のコピー copy

 

DSC_0244 のコピー copy
結局ホテルに戻り、ホテルで朝食を出してもらった。
300円程度でこのボリューム。美味しかったし、良かった。

IMG_0464 のコピー copy

この日はフェズ観光。
まずスークとは反対の方向のメディナへ。

DSC_0223 のコピー copy
ここはローカルの人ばかりで、若干浮き気味な私・・・・観光客もいなかった。

DSC_0294 のコピー copy
そんな中、階段下の暗がりにせわしなく入って行く人々が。

DSC_0235 のコピー copy
覗くと奥から一人のおじさんが手招きをしている。
どうしようか迷っていると、横を通った身なりのよいおじさんが、ここが窯でパンを焼くところだよ。
ここではトラディショナルな手法なんだ。と教えてくれました。
そんなわけで入ってみるとおじさんが汗だくでパンを焼いていました。

DSC_0224 のコピー copy
こちらは家庭で生地だけをつくってここに持って来て生地をやいてもらう、という場所だったのでした。

DSC_0226 のコピー copy
ひっきりなしに、大人から子供まで生地を持ってやってきます。
それを、ぽんぽん窯に入れていくのだけど、どの家庭のものなのか全部わかってるようです。
窯の中をのぞかせてもらったら、ものすごく中が広かった。
たまにタジン鍋を持って来る人や、野菜を持って来て焼いてもらう人も。
焼かれたパンはここに置かれていて、時間をみてまた皆取りにくるようです。

DSC_0234 のコピー copy
鏡が角に置かれていて、ずっと後ろ向きで作業していても人がきたらわかるみたい!

DSC_0230 のコピー copy
この日は若者が一人お手伝いしてました。
気付けば1時間もここで過ごしていた私だったのでした。

ここからまた戻りブージュルード門の方のスークへ。

DSC_0205 のコピー copy
こっちのスークは大きくわけて2つ道が分かれており、とにかくいったりきたり、往復歩き回りました。

DSC_0275 のコピー copy

IMG_0461 のコピー copy copy
最初に神学校を見学したのですがここがまた細部までデザインが凝っていて素晴らしかったです。

DSC_0248 のコピー copy copy

DSC_0251 のコピー copy

DSC_0254 のコピー copy

DSC_0260 のコピー copy
スマホの壁紙にしているくらい(笑)

FESは自称ガイドが多く、振り切るのがかなり大変と聞いていたのだけど思っていたほどではなかった。

DSC_0306 のコピー copy

DSC_0298 のコピー copy

DSC_0269 のコピー copy

言われる程しつこくもなく・・・それでもずっと声はかけられまくりでしたが。

DSC_0304 のコピー copy

DSC_0300 のコピー copy

 

 

ここは信者しか入れない場所。やっぱり細工が素晴らしい。

DSC_0277 のコピー copy copy

DSC_0303 のコピー copy

DSC_0264 のコピー copy
スークの奥の方で声をかけられるのはタンネリ見学。
FESでは見てみたいと思っていた場所ではあったのですが。ガイド料や見終わってからの作業場で
何か買わされるとか、ちょっと面倒で、一人でも行くのが億劫でやめてしまいました。

ここが銅製品をつくっているスーク。

DSC_0308 のコピー copy copy

DSC_0278 のコピー copy
観光客のためか、広場でカンカン音を鳴らしながら作業をしているところを見る事ができます。

DSC_0281 のコピー copy
音を聞いてるだけでも面白いかも。

DSC_0280 のコピー copy

お約束のネコさん。

DSC_0282 のコピー copy
一通りみて、お腹もすいてきたので歩いて気になっていたレストランへ。

IMG_0468 のコピー copy
後でガイドブックをみたら、豪華な邸宅を改造した立派なレストランで
食事をする他に、ここを見学にくる観光客もいるほどでした。

IMG_0474 のコピー copy

お値段はさすがに張りましたが(といっても日本と比べればとても安い)豪華な場所で
落ち着いて食事が出来てよかったです。

IMG_0477 のコピー copy

IMG_0472 のコピー copy
すでにピークを過ぎていたからか、食べていたらどんどん人がいなくなっていきました・・・

IMG_0466 のコピー copy
最後帰る時に、超イケメンのウエイターさんが、店の歴史等を説明してくれて、屋上テラスからの
景色が綺麗だよ!と案内してくれました。

気分良くレストランを出てまた歩き回ります。しかし色々あるなぁ。

DSC_0274 のコピー copy copy

DSC_0301 のコピー copy

DSC_0302 のコピー copy
すでに夕方にかかっており、どうもここでお店達、休憩するようでどんどん店が閉まります。
夕刻になるとまた一斉に開いていました。

IMG_1587 copy

DSC_0297 のコピー copy copy

DSC_0209 のコピー copy

私はまたホテル方面へ。
ホテルの目の前にあった大きな庭園。ここはのんびりできて良い!

DSC_0313 のコピー copy
地元の人達も多く散歩していてノンビリすごしていました。現地の子とも交流!

ここで怪しい男性に声をかけられるも逃避。でも結構しつこかった〜・・・

この庭園のすぐ横にあるカフェで一休み。

IMG_0482 のコピー copy copy

IMG_1560 copy
カラフルなオシャレカフェでした。食事もおいしそうだったけどまだ満腹。
私が入ったときは一人だったけど、後から満員になりました。

その後いったんホテルへ。
23時まで荷物を預かってもらうようにお願いしていたんだけど0時までいい?といったら
問題ないよ〜と・・・。
ついでにお手洗いも借りて、また出かけました。
ホテルをでると、めちゃくちゃ美人さんに声をかけられました。
ホテルの通り沿いにある、カフェバーのオーナーさん。
ここは深夜までやっており、私もチェックしていました。この日は電車の時間までこの店で過ごそうと思っていたので
その事を伝えたら、待ってるね、と素敵な笑顔で言われました!

さて暇です。
他にも見ていない所があるだろうか?と思っていたらさっきいた庭園の向こう側を見ていないと気付きました。
早速向かうと、途中の王宮の門の前で女性が車にひかれた・・・すごい声が響きわたり・・・
周りの人がどんどん集まります。かといって何をするわけでもなくただ集まって見ているだけ・・・
えええええ・・・どうなちゃうの?
王宮の警備員もいっぱいいるのに、見にも来ない。私もここで何ができるのか・・・ごめんなさい・・・
その場を離れました。

こちらのスークは衣料品や雑貨の店がずらっと並んでおり、そのディスプレイも斬新でした。

IMG_0491 のコピー copy

IMG_0488 のコピー copy

IMG_0493 のコピー copy

DSC_0321 のコピー copy
完全にローカル。皆、夕食の買い物などに出て来ているようでした。手芸をする男性も!

IMG_0495 のコピー copy
奥に行くと屋台もあったり、モスクもしっかりあります。

IMG_0486 のコピー copy copy

DSC_0327 のコピー copy
なんと偶然ここで、庭園で出会ったしつこい男性に遭遇・・・さらっと逃げました。

一通り見終わって王宮前に戻ると、なんと・・・まだ例のひかれた女性がそのまま倒れていました。
周りのひとだかりも変わらず・・・みんな見ているだけ。あれから1時間は経っているはず・・・
自分がもしこの状況になったら・・・誰も助けてくれないんだろうか(TーT)怖い。

歩き疲れたのでまたブージュルード方面のスークへ行き、今時っぽいカフェでミントティーを。
ただここでいきなり、バースデーパーティーが始まり大変な騒ぎに・・・
でもここではお酒も飲めないし(笑)みんな水やジュースでお祝いしてた...
あまりに騒がしくすぐ退散。

そこからまたホテル方面へ(もう何度往復しているのかわからないほど)
ホテルすぐ横にオープンカフェがあり、ここで桃のフルーツジュースを頼みノンビリしていると
続々と人が集まって来た!!
ここにはTVが設置してあり、バルサとどこだったか忘れたけどサッカーの試合が始まったのだ!
どこの国でもサッカーは本当に大人気ですね。

IMG_1577 copy
皆でワイワイかなり盛り上がった!でも見事に男だらけ。女一人・・・

23時に試合も終了。お店もいつもはもっと早く閉まるのだろうけどサッカーの為にあけてたみたい。
終わった瞬間サクサク撤収、閉店。

私はというと、またすぐその隣の例の女性のカフェバーへ。
見事にお客さんがいない。でもとてもいい雰囲気のお店で近くにあったら通うなぁ。
オーナーさんもいて、ご挨拶。
1F、2Fそしてテラスがあるのだけど、まずテラスへ。先客2名。
モロッコで初めてみた、シーシャがここで出来る!私もやりたかったけど今回は我慢。
ロウソクの火しかなく、暗過ぎてメニューがみえない(笑)
なんとか読んで、ラザニアとミックスフルーツジュースをオーダー。
因みにこちらではお酒も飲めます。
最初は良かったんだけど、FESの夜・・・寒い・・・
長袖はきていたけど段々冷えてきたので食事の後、2Fの室内にうつりました。

真っ赤なカラフル空間。もうちょっと流行ってもいいのにかな?と思うけど

IMG_1584 copy
ローカルにはちょっと高い?なかなか難しそう。
もうちょっと早い時間は混んでたのかな?

0時過ぎまでここで過ごし、ホテルに戻ります。
フロントの人・・・寝てるし・・・荷物も勝手に持って行けば?って言われ向かったのは
ガラクタいっぱいな小部屋・・・そこに私のザックが無防備に置かれておりました・・・
悪くないホテルだけど、うーん、もう泊まらない・・・

ここからブージュルード門方面にタクシーを探しにいきます。
歩いていると、昼間声をかけてきた青年がまだウロウロしていた。
どこに行くのかしつこく聞くのでタクシー拾って駅に行くよっていうと目の前を通った
タクシーをとめてくれた!既に一人乗っていたけど相乗り当然。軽くのせてくれました。

さて。駅に向かうと思いきや、来たときとだいぶ違う道をいきます。
こんなに遠かったかな?先客の方をまわるにしても人通りのない殺風景な真っ暗な道をいくので
さすがの私も不安になってきました。そのうち先客下車。
そこからタクシーはまた走るんだけど、何もない広い駅でいきなりとまり、駅だよ。って言われた・・・・
全然違うし・・・ここ違うよ!駅ないじゃん!って言ってるのに、ここが駅だといいはる運転手。
あぁ、やられちゃったかなぁと、途方に暮れてたらまた違う客がやってきた。
そのまままた走り始めるタクシー。怖ぇぇぇぇぇぇ!!!
どこに連れて行かれるんだろうと不安になっていたらフェズ駅に着いた。
猛烈に怒りながら下車!!!!
でも無事についてよかった・・・

FESの駅は美しい。ほれぼれ。

IMG_0502 のコピー copy

さて夜行列車の出発まで2時間もあります。
カフェの横のすぐそばの椅子に座っていたらそこのカフェのwi-fi繋がった〜!!!
ここから少しでも外れると切れちゃうのでその場所を死守(笑)
そうこうしてういたらシャウエンであった日本人2人組がやってきた♡
同じ電車だとは知っていたので出発まで一緒に過ごせて飽きずによかった!
そうしてたら、なんとタクシーを拾ってくれた青年が友達と登場(笑)
驚いて、どうしたの?!と聞いたら友達を迎えに来たんだって。おもしろいなぁ。
最初あったときは怪し過ぎて、疑いまくりだったけど、話せば楽しい青年。申し訳なかった(笑)

そんなこんなで待ち時間は結構楽しく過ごせて、時間になり列車にのりこみます。

IMG_0504 のコピー copy
IMG_0505 のコピー copy

夜行列車は安全を考えて1等車(これでも安全かどうかは?だけど)にしました。

IMG_1592

 

座席もちょっとだけラクチンそう?

IMG_1591 copy

ここから次の街、マラケシュに向かいます。

続く。

5日目(MOROCCO DAY5 FEZ→MARRAKESH)に続く

No Comments

Leave a Reply